デジものログ
気になるアイテムを紹介していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/--】 スポンサー広告 |
人気商品を早くゲットする方法
PS3 and Wii


プレイステーション3が発売された日は、ニュースなどで取り上げられたのでその混乱ぶりはみなさんもよくご存じのことと思います。まだ11月とはいえ、この寒空の下で並んで買った人にはただただ感心するばかりです。
初回出荷台数が PS2 のときのおよそ1割程度しかなかったため、どの販売店も売り切れて、どこを探しても在庫してるところはないのが現状。これはネットショップでも同様のようです。
また、YahooオークションやAmazonマーケットプレイスなどでは、転売目的の人が高値で取引しようとしているようですが、早く欲しいと熱望する人はそれでも買ってしまうのでしょうか。

しかし、ちょっと待った!

PS3 は続々と出荷が続いており、待っていれば通常価格で買うことが可能なのです。実際、Amazonではいままでに PS3 60GB モデルが何度か入荷され、62,980円で売られていました。

でも、入荷されるまで商品ページをじっと見張っているのは現実的でないですよね。そこで、商品入荷の通知サービスをご紹介します。

人気商品を携帯でゲット!

あまっちは、携帯を使った通知サービスで、無料で利用することができます。操作は簡単。携帯のメールアドレスを登録してあとは待つだけ。メールで通知が来たら、商品へのリンクをクリックして Amazon の携帯サイトへ GO !

私はこれで、いまだに商品在庫のない「NintendoDS Lite」を発売直後に買ったり、PLAYSTATION 3 もすでにゲットしています。

手に入れられずに半分諦めているそこのあなた、試してみてはいかが?

スポンサーサイト
【2006/11/17】 その他 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |
プレイステーション3の予約が始まる
PS3

ついに、プレイステーション3(PS3)の予約が開始された。

PS3は、IBM、ソニー、東芝が共同で開発したCellとともに、米NVIDIA社と共同で開発したグラフィックスプロセッサ(RSX)、米ラムバス社が開発したXDRメモリに代表される、最先端の技術を数多く搭載。また、ソフトウェアの供給媒体にはBD-ROM(ブルーレイディスクROM)を採用。二層で最大54GB(ギガバイト)の大容量を実現するとともに、最先端の著作権保護技術にも対応し、フルHDクオリティのコンテンツ供給を可能にした。同時に、フラットテレビの普及により加速が進むデジタル家電・コンピュータの融合時代に向け、720p/1080iを凌ぐ1080pを標準でサポートする。

PS3が内包する2テラFLOPS級の演算能力により、今までにない全く新しい映像表現が可能になり、ゲームコンテンツにおいては、キャラクターや物体の動きを精密かつリアルに表現するだけでなく、それらキャラクター・物体の動き、実際の地形の再現に加え、仮想世界をも物理演算で再現することが可能となり、映像表現の自由度が飛躍的に広がる。まさに大画面の映画のクオリティにリアルタイムに入り込み、楽しむことができるようになる。

発売日は 11月11日、入手困難になるのは必至のため、早めに予約を済ませておこう。

PLAYSTATION 3 (60GB)(20GB)



【スペック】
CPU: Cell Broadband Engine(TM)
GPU: RSX
サウンド: Dolby Digital 5.1ch,DTS 5.1ch,LPCM7.1ch,AAC,etc.
メモリ: 256MB XDR Mail RAM,256MB GDDR3 VRAM
HDD: 2.5Serial ATA
入出力: USB2.0、Memorystick/SD/Compactflas(60GBモデルのみ)
Ethernet: x1/BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T
IEEE 802.11 b/g: (60GBモデルのみ)
Bluetooth 2.0(EDR): あり
ワイヤレスコントローラ(Bluetooth): あり
AV出力: 解像度(480i、480p、720p、1080i、1080p)、HDMI出力端子(x1/HDMI(Ver1.3 Deep Color対応))、AVマルチ出力端子、光デジタル出力端子
BD/DVD/CDドライブ(読み出し専用): 最大読み出し速度: BD 2倍速(BD-ROM)、DVD 8倍速(DVD-ROM)、CD 24倍速(CD-ROM)、Super Audio CD
外寸法: 約32.5×98×274mm(幅×高さ×奥行き)(突起物含まず)
質量: 約5Kg

【2006/10/16】 ゲーム機 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
アップル、iPod シリーズをリニューアル
New iPod

アップルは米国時間の 12日、同社が開催するスペシャルイベントにおいて、新しい iPod シリーズを発表、シリーズ全機種を刷新した。これまで同社は iPod のリリースを個別に行ってきたが、今回は珍しくシリーズ全機種を新しいものに置き換えている。すでに iPod と iPod nano は同日発売が開始されている。

一見して外見は変わってない iPod (Video iPod) は、上位機種の内蔵ハードディスクが 80GB に容量アップし、価格が 4,000円安い 42,800円になった。下位機種は 30GB と変更はないが、価格は 5,000円安い 29,800円に値下げされている。また、上位/下位モデルとも 60%明るくなった液晶ディスプレーを採用、新デザインのイヤホンが付属する。

iPod nano は、一見して iPod mini の再来かと思わせるデザインで5色カラーが復活した。メモリー容量は 2GB/4GB/8GB の3種類で、従来モデルの 1GB/2GB/4GB からそのまま倍増される形となった。また、音楽再生時のバッテリー駆動時間が従来モデルの 14時間から 24時間に延長され、40%明るい液晶ディスプレイを採用している。

一番見た目に変化した iPod shuffle は前モデルに比べて本体が 52%も小さくなり、服装などに簡単に装着できるクリップ一体式になった。メモリー容量は 1GB のみで、バッテリー駆動時間は 12時間。また、iPod shuffle としては初めて、クリックホイールを搭載し、本体素材がプラスチックから金属のものに変更されている。発売は 10月の予定。

製品名 容量 本体色 価格
iPod 80GB ホワイトブラック 42,800円
30GB ホワイトブラックU2 29,800円
iPod nano 8GB ブラック 29,800円
4GB グリーンシルバーブルーピンク 23,800円
2GB シルバー 17,800円
iPod shuffle 1GB シルバー 9,800円

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)

【Amazon】Apple iPod / iPod nano / iPod shuffle



【2006/09/13】 MP3プレーヤー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
USB機器をワイヤレス化するUWBハブ
UWB Hub

USB 機器をワイヤレスで接続可能にするハブ「Y-E DATA UWB 4 Port USB Hub」が(株)ワイ・イー・データより 10月21日に販売開始される。価格はオープンプライス。

「Y-E DATA UWB 4 Port USB Hub」は、2006年8月の電波法施行規程改正によって国内でも UWB (Ultra Wide Band) が使用する 3.4~4.8GHz帯が利用可能になることで製品化が可能になった。今回の製品は、ワイ・イー・データがアンテナ技術を実用化し、UWB やワイヤレス USB のチップを開発・販売している Wisair の UWB 技術を用いて実現している。

製品はパソコンの USB ポートに接続するドングルと、ワイヤレスの4ポート USB ハブで構成され、パソコンとハブの間の通信を UWB で行なうことで USB ケーブルなしでパソコンとの通信が可能になる。接続する USB 機器は既存のものが利用可能で、UWB を用いた場合の通信速度は距離 3m で USB 2.0 と同等の 480Mbps、10m で 110Mbps程度となっている。

ワイ・イー・データ


ダブルでブレない、サイバーショット「DSC-T10」
SONY DSC-T10

ソニーは薄型コンパクトデジタルカメラの“サイバーショット”シリーズとして、720万画素で ISO 1000 の高感度撮影モードを搭載した「DSC-T10」を 8月25日に発売する。

DSC-T10 は昨年の 11月に発表された DSC-T9 の後継機種で、画素数を 600万画素から 720万画素に向上させたほか、ISO感度が最大 1000 の「高感度モード」を新搭載することで、DSC-T9 で好評だった光学式+高感度の“Wブレ補正”をさらに進化させている。

プロセッサで画像処理を行う前にノイズを低減させる「クリア RAW NR」(ノイズリダクション)処理回路や、望遠時にも明るい F値 3.5~4.3 の折り曲げ式レンズを搭載しながらも、サイズは 89.7×54.9×20.6mm という DSC-T9 と同様のスリムボディを実現している。

カラーは「シルバー」「ブラック」に、新色「ホワイト」「ピンク」の2色を追加し、4つのカラーバリエーションとした。

価格はオープンプライスで、市場想定価格は4万円前後とみられている。

SonyDrive - CyberShot DSC-T10 商品情報

SONY DSC-T10 シルバー/ピンク/ブラック/ホワイト


ニンテンドーDSブラウザーでネットサーフィン
Nintendo DS Browser

任天堂は 7月24日、ニンテンドーDS、および、DS Lite 用のブラウザーソフト「ニンテンドーDSブラウザー」を発売する。

ニンテンドーDSブラウザーは、NintendoDS、または、NintendoDS Lite でインターネット上のウェブサイトを参照することができるブラウザーソフト。自宅に無線LANのアクセスポイントがあれば、簡単な設定でインターネットに接続することができる。アクセスポイントがない場合は、接続に「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を利用する。また、ニンテンドーWi-Fiステーションや FREESPOT に行けば、設定不要でインターネットに接続でき、公衆無線LANサービスのアクセスポイントでも、簡単な設定でインターネットに接続することが可能だ。

ニンテンドーDSブラウザーはエンジンに「Opera 8.5」を採用し、ページのジャンプや画面のスクロールもタッチペン1本で操作が可能。画面内のアイコンをタッチすれば、様々な機能を使うことができる。文字の入力もタッチパネルで手書き入力が可能で、長い文章を書くときに便利な文字入力予測機能も搭載している。

標準的な HTML、XHTML、XML などから CSS や、SSL 2.0/3.0 および TLS 1.0 のセキュア通信も可能となっているが、Flash や 動画/音声ファイル、PDF ファイル、ActiveX などのコンテンツは参照できない。

DS用、DS Lite用ともに価格は税込 3,800円で、インターネット販売のみの取り扱いとなっている。

任天堂 - ニンテンドーDSブラウザー
ニンテンドーDSブラウザー(DS用:DSメモリー拡張カートリッジ同梱)
ニンテンドーDSブラウザー(DS Lite用:DS Liteメモリー拡張カートリッジ同梱)


【2006/07/18】 ゲーム機 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ウィルコム、より携帯に近づいた「W-ZERO3[es]」を発表
W-ZERO3es

ウィルコムとシャープ、マイクロソフトの3社は、Windows Mobile 端末の新型機「W-ZERO3[es]」を共同で開発、7月27日に発売すると発表した。

W-ZERO3[es] は携帯電話用テンキーと文字入力用フルキーボードの2つのキーボードを搭載。従来機の W-ZERO3 に比べ、より携帯電話に近いデザインに変更された。画面はシャープ製のモバイル ASV液晶を採用、2.8インチで VGA(640×480)表示の液晶を業界で初めて採用している。

無線LAN機能は内蔵せず、アダプタで対応する。Bluetooth 対応アダプタやワンセグ受信対応アダプタ、液晶プロジェクター接続用アダプタも発売の予定。外付けキーボードもオプションとして発売される。

OS に Windows Mobile 5.0 software 日本語版を採用し、予測変換機能付き日本語入力システム「ATOK」、フルブラウザ「Opera Mobile」、FlashPlayer7.0、POP/SMTP に対応したメールソフト「W-ZERO3メール」を標準搭載している。

カラーはブラックとホワイトの2色が用意され、ウィルコムストアでの価格は W-SIM 付きが 29,800円(年間契約なしの場合は 33,800円)、W-SIM なしが 36,800円となっている。

ウィルコムストア


【2006/07/04】 PDA/携帯 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
「VAIO type U」 にフラッシュメモリー搭載モデル登場
VAIO type U - 16GB


ソニーが Intel 製 CPU 搭載の Windows XP 対応 PC としては世界最小・最軽量のモバイルPCとなる「VAIO type U」に、フラッシュメモリーとワンセグ放送チューナを搭載した BTOモデルの「VGN-UX90PS」と「VGN-UX90S」を追加した。発売は 7月3日で、販売価格は209,800円から。

今回発売される VGN-UX90PS および VGN-UX90S は、5月に発売された「VGN-UX50」の BTOモデルをベースに、内蔵ハードディスクを 16GB のフラッシュメモリーに換装したモデル。フラッシュメモリーを採用することで、アクセス速度や耐衝撃性・耐振動性の向上が図れるほか、バッテリー駆動時間も約 13%拡大され、重量も 28g 減の約 492g と軽くなっている。

また、同モデルではワンセグ放送チューナを新たに搭載し、ワンセグの受信に加えて放送番組の録画・再生が可能となっている。

OS は VGN-UX90PS が Windows XP Professional Edition に、VGN-UX90S が Windows XP Home Edition に限定されており、CPU はインテル Core Solo U1300/U1400、または、Celeron M423 から選択できるようになっている。

その他の仕様は HDD 搭載モデルと同様で、メモリーは 512MB(増設不可)、チップセットは Intel 945GMS Express (ビデオ機能内蔵)、31万画素Webカメラ、131万画素Webカメラを搭載している。
液晶はタッチパネル装備の 1,024×600 (WSVGA)表示対応 4.5型クリアブラックLE液晶を採用し、「VAIOタッチランチャー」を利用して縦画面表示にも対応する。
インターフェイスには USB 2.0×1、メモリースティックデュオ (PROデュオ) 対応スロット×1、CFスロット×1、IEEE 802.11a/b/g無線LAN、Bluetooth 2.0+EDR、指紋センサーを備える。このほか、スタンド兼用ポートリプリケーター(USB 2.0×3、IEEE 1394×1、Ethernet、FeliCaリーダ、D-Sub15ピン×1、AV出力ポートを備える)が選択可能となっている。

なお、発売記念として先着 2,500名限定でレーザー刻印ストラップが用意されている。

vaio_type_u_486_80

SonyDrive - ニュースリリース


ネットワーク・ビデオ配信機「Slingbox」
slingbox

アイオーデータがネットワークビデオ配信ユニット「Slingbox」を 7月8日より販売開始する。

Slingbox は米国 ITベンチャー企業である Sling Media,Inc の製品で、リビングなどに設置した Slingbox にテレビアンテナとネットワークケーブルを接続するだけで、TVチューナーを搭載していないパソコンでもネットワーク越しにテレビの視聴が可能となり、インターネット接続環境さえあれば、国内はもちろん世界のどこにいても、パソコンから自宅のテレビが視聴可能となる。
また、デジタルビデオレコーダなどの映像機器を遠隔操作するリモコン機能も搭載しており、外出先からデジタルビデオレコーダの予約録画や録画済み番組を視聴することもできる。

映像配信には Sling社独自のストリーミング技術「SlingStream」を採用。接続速度を監視することで帯域に合わせた映像圧縮率をダイナミックにコントロールするため、常に最適な映像クオリティを確保できるという。また、自動設定だけでなく手動設定も可能で、ビットレートは 50kbps~3Mbps、解像度は 320×240ドットと 640×480ドットが選択可能だ。

さらに同日リリースしたアイオーデータのネットワークメディアプレーヤー「AVeL LinkPlayer 3rdモデル」に対応し、LinkPlayer で再生できるコンテンツは、Slingbox を介して外出先からパソコンで視聴することができる。

7月8日から国内で販売が開始され、価格はオープンプライス。店頭予想価格は 29,800円前後とみられている。

Sling Media - Slingbox
アイオーデータ - PRODUCT NEWS


【2006/06/26】 AV機器 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
EVERGREEN、超高速ドライブ「FLASH DRIVE」を発売
FLASH DRIVE 16GB

EVERGREEN が、シリコンディスクを利用した 2.5インチハードディスク互換の超高速ドライブ「FLASH DRIVE」を発売した。

FLASH DRIVE は従来の 2.5インチハードディスクと互換性のあるフラッシュドライブ(シリコンディスク)で、ノートパソコンなどに組み込まれている 2.5インチハードディスクと置き換えて使用できる。

半導体メモリを使用しているため、普通のハードディスクのように回転するディスクは無く、駆動部がないため動作時でも 60mA と低消費電力。また、アクセスタイムもわずか 0.1ms 以下と、超高速アクセスが可能となっている。ただし、インターフェイスが IDE (UDMA Mode 4) のため、性能が生かし切れていないのも実情。とはいえ、通常のハードディスクと比較して、およそ、2倍の性能アップが見込めるため、早さを求める分野では重宝しそうだ。

8GB(FLHIDE-8G)と 16GB(FLHIDE-16G)の2モデルがあり、国内販売元の上海問屋での価格はそれぞれ 59,800円、89,800円となっている。

上海問屋 - FLASH DRIVE 8GB / 16GB




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。