デジものログ
気になるアイテムを紹介していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/--】 スポンサー広告 |
ダブルでブレない、サイバーショット「DSC-T10」
SONY DSC-T10

ソニーは薄型コンパクトデジタルカメラの“サイバーショット”シリーズとして、720万画素で ISO 1000 の高感度撮影モードを搭載した「DSC-T10」を 8月25日に発売する。

DSC-T10 は昨年の 11月に発表された DSC-T9 の後継機種で、画素数を 600万画素から 720万画素に向上させたほか、ISO感度が最大 1000 の「高感度モード」を新搭載することで、DSC-T9 で好評だった光学式+高感度の“Wブレ補正”をさらに進化させている。

プロセッサで画像処理を行う前にノイズを低減させる「クリア RAW NR」(ノイズリダクション)処理回路や、望遠時にも明るい F値 3.5~4.3 の折り曲げ式レンズを搭載しながらも、サイズは 89.7×54.9×20.6mm という DSC-T9 と同様のスリムボディを実現している。

カラーは「シルバー」「ブラック」に、新色「ホワイト」「ピンク」の2色を追加し、4つのカラーバリエーションとした。

価格はオープンプライスで、市場想定価格は4万円前後とみられている。

SonyDrive - CyberShot DSC-T10 商品情報

SONY DSC-T10 シルバー/ピンク/ブラック/ホワイト


スポンサーサイト
サイバーショット「DSC-T30」
DSC-T30
ソニーはコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット DSC-T30」を4月21日より発売する。

DSC-T30 は昨年発売された DSC-T9 の上位機種で、T9と同様、屈曲光学系を採用した光学3倍ズームレンズに手ブレ補正機構を搭載している。

CCD は有効 600万画素から有効 720万画素になり、液晶モニターは 2.5型から3型に変更されたうえ、最高感度も ISO640 から ISO1000 に引き上げられている。

ソニースタイルでは DSC-T30 の発売を記念して、ソニースタイル限定メモリースティック Duo USB リーダライターと吉田カバン製オリジナルケースを 1000個限定でプレゼントするキャンペーンを 4月12日から行う。

SONY - ニュースリリース
SONY - DSC-T30 製品情報

ソニースタイル


光学手ぶれ補正を搭載したサイバーショット「DSC-T9」
SONY DSC-T9
SONY DSC-T9


ソニーが薄型コンパクトデジタルカメラの“サイバーショット”シリーズに、手ぶれ補正機能を搭載した「DSC-T9」を発表した。

DSC-T9 はおなじみの薄型コンパクトデジカメに、レンズをシフトさせる光学式手ぶれ補正と高感度撮影を組み合わせた「ダブルのブレ補正」を搭載した最新型で、手ブレだけでなく被写体ブレにも対応しているのが特長。大型 2.5インチ液晶を搭載しながら、Tシリーズの特徴である薄型ボディはキープしている。1/2.5型の有効 600万画素CCD、光学3倍ズームレンズ(カールツァイス「バリオテッサー」)を搭載し、35mm判換算の焦点距離は38~114mm。開放F値はF3.5~4.3。通常撮影時の最短撮影距離は0.5mで、マクロモードは広角端0.08m、望遠端0.25mからの撮影が可能。加えて1cmまで寄れる「拡大鏡モード」も搭載している。

記録メディアはメモリースティックDuo または PRO Duo に対応し、約 53MBの内蔵メモリも搭載している。電源はインフォリチウムイオン充電池「NP-FT1」で、CIPA規格基準の電池寿命は約240枚となっている。

11月18日から発売の予定で、価格はオープンだが市場想定価格は 4万7000円前後になりそうだ。

cybershot_t9_468_60.gif

縦型デザインで薄型コンパクト、ソニー「DSC-T5」
DSC-T5


ソニーが大型 2.5型液晶モニターを備えた薄型コンパクトデジタルカメラの「サイバーショットシリーズ」に、新たに「DSC-T5」を投入する。9月9日発売で価格は店頭予想価格4万円前後の見込み。カラーバリエーションとしてシルバー、レッド、ゴールド、ブラックの4色がラインナップ。

DSC-T5 は薄型コンパクト機“DSC-Tシリーズ”の流れを汲むデザインながら、社名ロゴの位置を変更し縦型デザインとした最新機種。1/2.5型の有効510万画素CCD、光学3倍ズームレンズ、2.5型液晶モニター、メモリースティック Duo / PRO Duo などを採用している。

従来機種で好評の MPEG-1 動画記録にも対応しており、最大 640×480 ピクセルで約 30fps での記録が行なえる。また、従来の DSC-Tシリーズに無く、ユーザから強い要望が出ていた三脚穴も底面にやっと装備された。

SONY サイバーショット DSC-T5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。