デジものログ
気になるアイテムを紹介していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/--】 スポンサー広告 |
光学手ぶれ補正を搭載したサイバーショット「DSC-T9」
SONY DSC-T9
SONY DSC-T9


ソニーが薄型コンパクトデジタルカメラの“サイバーショット”シリーズに、手ぶれ補正機能を搭載した「DSC-T9」を発表した。

DSC-T9 はおなじみの薄型コンパクトデジカメに、レンズをシフトさせる光学式手ぶれ補正と高感度撮影を組み合わせた「ダブルのブレ補正」を搭載した最新型で、手ブレだけでなく被写体ブレにも対応しているのが特長。大型 2.5インチ液晶を搭載しながら、Tシリーズの特徴である薄型ボディはキープしている。1/2.5型の有効 600万画素CCD、光学3倍ズームレンズ(カールツァイス「バリオテッサー」)を搭載し、35mm判換算の焦点距離は38~114mm。開放F値はF3.5~4.3。通常撮影時の最短撮影距離は0.5mで、マクロモードは広角端0.08m、望遠端0.25mからの撮影が可能。加えて1cmまで寄れる「拡大鏡モード」も搭載している。

記録メディアはメモリースティックDuo または PRO Duo に対応し、約 53MBの内蔵メモリも搭載している。電源はインフォリチウムイオン充電池「NP-FT1」で、CIPA規格基準の電池寿命は約240枚となっている。

11月18日から発売の予定で、価格はオープンだが市場想定価格は 4万7000円前後になりそうだ。

cybershot_t9_468_60.gif
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://digimono.blog17.fc2.com/tb.php/30-e6a73a50

DSC-T9

SONYのサイバーショットシリーズにT9が登場。Tシリーズと言えば、かなりの薄さで好評を博したT7の記憶が新しいところだが、今回の機種はその後継機にあたる。600万画素で、SONYのお家芸であるカールツァイスレンズを搭載。それでいて、2.5インチ液晶という大画... age25【2005/11/02 23:53】

手ぶれ補正×高感度のCyber-shot「DSC-T9」

 サイバーショットTシリーズに「DSC-T9」手ぶれ補正で攻めてくるとは。手ぶれ補正×高感度でキャンドルライトの光の撮影でも広角側でぶれなくちゃんと撮れるのが8割、テレ側でも7割ということです。Tシリーズのフォルムはわりと気に入ってて、機会があれば自分も買いたい renkon.jp【2005/11/03 16:22】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。