デジものログ
気になるアイテムを紹介していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/--】 スポンサー広告 |
静音性に優れたHDD 「Barracuda 7200.9」
Barracuda7200.9


3.5インチHDDとして、1プラッタあたりの記録密度が業界最高となる 160GB プラッタを採用したシーゲート・テクノロジーの「Barracuda 7200.9」が好評だ。

Barracuda7200.9 は Seagate社最新のHDDで、Serial ATA と IDE の両インタフェースモデルを用意していて、Serial ATA で 80~500GBまで、IDE では 40~500GBまでをラインナップ。そしてキャッシュも 2 / 8 / 16MBから選択でき、1シリーズとしてのバリエーションが非常に豊富なのが特徴だ。

なかでも容量 160GB 以下の機種が注目で、これまでの最高密度となる 160GB プラッタを採用し、静音性や内部転送速度が非常に優れている。筆者も 40GB モデルを購入してみたが、その静音性には正直驚いている。まだ転送速度が実感できるような使い方をしていないので、そっちはよくわからないが、動いているのかどうかわからないほどの静音性だけでも、非常に満足している。また、これまでの Seagate 製品とは異なり、消費電力が少ないのもおすすめどころだ。これなら電源仕様に厳しい白箱(挑戦者の LAN Tank)などにもベストマッチすることだろう。

ラインナップが多いので購入に迷うかもしれないが、ITmedia の特集記事を参考にして選ぶといいだろう。

ITmedia - 500GBモデルもラインアップしたBarracuda 7200.9

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://digimono.blog17.fc2.com/tb.php/37-92a11986

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。