デジものログ
気になるアイテムを紹介していくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/--】 スポンサー広告 |
WD が Raptor の 150GB モデルを発売
WD Raptor 150GBウエスタンデジタル社が IDE ハードディスクとしては最速の回転数 10,000rpm を誇るエンタープライズ向け Serial ATA HDD「WD Raptor」の容量 150GB モデル「WD1500ADFD」を発売した。実売価格は37,000円~40,300円。

WD1500ADFD は「WD Raptor」シリーズにおいて現時点で最大容量となるモデルで、主なスペックはプラッタ数が2、ディスク回転数が 10,000rpm、バッファサイズが 16MB、リード時シークタイムが 4.6ms、内部転送速度 72MB/s、平均動作音量がアイドル時 39dB、シーク時 46dB。Serial ATA インターフェイスは転送速度が 1.5Gb/s で Native Command Queuing(NCQ)をサポートしている。

IDE ディスクとしては回転数とシークタイムが間違いなく No.1 だが、内部転送速度がやや遅いのが気になるところ。内部転送速度では Seagate の Barracuda 7200.9 シリーズの方が上だ。また、価格も非常に高くエンタープライズ向けということになるが、とにかく“速度重視”という個人ユーザーにとっては気になる存在であろう。

Western Digital - WD Raptor 150GB (WD1500ADFD)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://digimono.blog17.fc2.com/tb.php/44-644d3532

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。